ちくさ病院

豊隆会メインイメージ
診療のご案内
内科・外科・整形外科・脳神経外科・
リハビリテーション科・消化器内科・
呼吸器内科・循環器内科・神経内科・
消化器外科・肛門外科・皮膚科・
泌尿器科
病院外観
地図をクリックすると詳細地図のページへ移動します
HOME >  豊隆会  > 理事長挨拶

 理事長挨拶

介護関係者の皆様へ



 高齢化社会の到来とともに、最近は私どもも高齢者の方を診察する機会が増えました。
 寝たきりの患者さんも多く、病棟回診や往診にうかがうと半数以上の方はオムツをはめています。
 オムツかぶれがひどいのでかぶれ止めの軟膏をください、などと言われることも増えてきているわけですが、
 待ってください。この患者さんはなぜオムツをはめているのですか?


 そう質問されると、ご本人やご家族様のみならず、看護師や主治医も説明できなかったりします。

 オムツをはめて生活することがどういうことなのか。
 経験のない方にはオムツ体験をお勧めします。オムツをして半日ていど生活してみるのです。
 当然、小便や大便はオムツの中でします。
 オムツをはめている人は排便をしてもすぐにオムツをかえてもらえるわけではないので、
 便をしたら最低数時間はそのまま生活を続けてください。
 すると、高齢者にオムツを強要することがどういうことなのか理解できるようになると思います。

 「オムツかぶれがあるので、軟膏を処方しておきますね。」
 これでは子供の使いです。
 なぜオムツが使われているのか、失禁するのはなぜなのか、失禁させないためにはどうしたらよいのか、
 そのためにどのような治療方針、リハビリプログラムが組まれているのか。
 内服薬の管理から生活環境の整備まで、わたくしたち医療者は患者さんのために明確な指針を
 示さねばなりません。

 「この患者さんはなぜ怒ってばかりいるのですか?」
 「なぜ転んでばかりいるのですか?」
 「夜中に何度もトイレに起きるのはなぜでしょう?」
 「服をめくると皮膚がぼろぼろめくれて落ちてきます。」
 「お部屋が臭い。」
 「だんだんしゃべらなくなってきました。」

 高齢者が抱えている全ての問題に原因と答えと解決のための方針があるはずです。
 私ども医療法人豊隆会及びそのグループ施設では、患者さんが抱えている様々な問題点と向き合い、
 ひとつひとつ解決していくことを目指しています。
 その先に、患者さんの満足と幸福があると信じているからです。
 

理事長 加藤豊

  • 理事長挨拶

    理事長 加藤 豊の経歴

    昭和62年 名古屋大学医学部 卒業
    昭和62年 小牧市民病院 研修医
    昭和63年 小牧市民病院 内科勤務
    平成06年 愛知医科大学微生物免疫学 助手
    平成10年 愛知医科大学微生物免疫学 講師
    平成13年 医療法人生寿会かわな病院 内科勤務
    平成15年 医療法人生寿会五条川リハビリテーション病院 院長
    平成18年 医療法人喜浜会 理事長
    平成20年 医療法人豊隆会 理事長 

 研究業績

※論文は他の研究者からの引用が多い順に並んでいます。

 書籍のご案内

  • 理事長挨拶


    当法人理事長 加藤 豊 が幻冬舎より一冊の本を出版いたしました

    『医者が教える幸せな死のかたち』

    ――家族に迷惑をかけない
       自分も苦しまない幸せな死とは――

    本書では、在宅医療の専門家であり、年間100人以上を看取る医学博士:加藤豊が、 自分の死に方を選び、家族に迷惑を掛けずに幸せに死ぬ10のヒントを伝授します。

    購入はこちらから(クリックにてamazonへ)