Menu

診療部

Home

 診療部の理念・基本方針

理念

質の高い医療と十分な説明を提供し、常に技術及び知識の向上に心がけ、誠心誠意を尽くす医療を心がけます。

基本方針

1. 患者様の権利を尊重し、十分な説明を行うことに心がけ、信頼と安心を得られる医療を行います。
2. 地域医療機関とのネットワークに積極的に参加し、地域医療と地域社会に貢献します。
3. 医療技術及び知識の向上に努め、医療従事者の規範として教育及び育成に努めます。

 医師の紹介

スタッフからのメッセージ

 院長 服部 智司  (脳神経外科・リハビリテーション科)


【ごあいさつ】
 当院は昭和27年に原外科として当地に開院して以来、平成20年に医療法人豊隆会 ちくさ病院として新しく生まれ変わり、現在に至っております。60年以上にわたり、千種の地で地域の皆様のかかりつけ医として、また救急医療を中心とした地域医療の一翼を担ってまいりました。

 当院では、平成26年度に地域包括ケア病床24床の稼働を開始し、
①急性期医療を担う病院に入院し、急性期治療を終えて一定程度状態が安定した方の受け入れ
②在宅療養中の方の緊急急変時の入院受入れ
③充実したリハビリテーション・慎重な薬剤調整を行い、場合によりそれぞれの患者さんに合った長期栄養管理を導入して、より安定した状態での自宅・介護施設等への在宅復帰支援
など幅広い役割を果たしています。

 もちろん、一般外来からの急性期治療を要する方、安静など保存的治療・非手術的治療の方などは、一般病床(29床)へ入院していただけます。手術的治療を要する、あるいは専門的高次医療機関での治療が必要と思われる重篤な患者さんには、近隣の高次医療機関を紹介いたします。名古屋市立東部医療センター・名古屋医療センター・名古屋第二赤十字病院・名古屋第一赤十字病院・名古屋大学医学部附属病院・愛知医科大学病院などへの紹介実績があり、円滑な地域医療連携を図っています。

 また、当院では病状が重く、外来通院が困難な在宅療養中の方を対象に、連携型機能強化型在宅療養支援病院として訪問診療も提供しております。今後更に進む高齢社会では、医療を必要としているけれども病院に通院できない方が増え、在宅医療の必要性がより高まると考えられています。そのような方たちに、慣れ親しんだご自宅で安心して療養いただき、検査や入院加療が必要となった場合には当院で入院していただける体制を整えています。

 ちくさ病院は『かかりつけ病院、敷居の低い小外科病院、急性期後のリハビリ病院、療養施設入所前の調整病院』であることを果たすべき役割とし、皆様から選ばれる病院を目指し、今後も精進してまいります。

【経歴】
昭和63年 浜松医科大学医学部 卒業
昭和63年 小牧市民病院 勤務
平成4年  高山久美愛病院 脳神経外科 勤務
平成5年  豊橋市民病院 脳神経外科 勤務
平成6年  名古屋大学医学部附属病院 脳神経外科 医員
平成6年  名古屋大学医学部附属病院 ICU 助手
平成7年  名古屋大学医学部附属病院 脳神経外科 医員
平成9年  一宮市立市民病院 脳神経外科 医長
平成14年 小牧市民病院 脳神経外科 医長
平成16年 一宮市立市民病院 脳神経外科 医長
平成25年 医療法人豊隆会 ちくさ病院 脳神経外科 勤務
平成27年 医療法人豊隆会 ちくさ病院 院長

【専門医等】
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会かかりつけ医
身体障害者福祉法第15条指定医

【学会等】
日本リハビリテーション学会
日本認知症学会
日本プライマリケア連合学会
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了医

スタッフからのメッセージ

医師 髙村 紀昭  (内科・消化器内科)


【あいさつ】
消化器内科・一般内科診療を中心に担当させていただくことになりました。
地域医療に少しでも貢献できるよう研鑽してまいりたいと思います。

【学会等】
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

スタッフからのメッセージ

医師 間宮 均人  (内科・総合内科)


【あいさつ】
一般内科診療を担当させて頂きます。
解決につながるアプローチを心掛けてまいります。

【学会等】
日本内科学会